ぼくののうみそ-・x・

<< きれいなジャイアンが皆さんに一言あるそうです。2010 | main | 知ること >>
こんなコンビニが
仕事で行った埼玉の奥地。辺りに何も無い工業団地エリアで昼の12時を迎える。
昼飯をと思ったのだが周りには何も無く、何かありそうな国道沿いまで行くには少々時間が掛かりそうな雰囲気。なにぶんもの凄い田舎で国道沿いのチェーン店の気配すら感じない。
午後1時にはこの近くにある工場に入らねばならずあまり長い移動はしたく無い。ここに来る途中に何軒か素通りして来たのをもの凄く悔やむ。ああ同じようなことが過去にもあったような・・・・

「コンビニならあるだろう」

コンビニ弁当を車の中で食べるのがあまり得意ではなく、何かきちんと食べた気にもならない。かなりの確率でポロポロこぼしてしまうし、あの狭い空間の中でチマチマと弁当を突く様は心地よいものではない。食べ終わったときに何か妙に虚しい気持ちになる。
こういうわけでコンビニは毎回ファーストチョイスにはならず、従って今回のような避けられない事態を前にしたときにだけ、コンビニの出番となる。
車を走らせて数分でコンビニを発見。現れたのはヤマザキショップ。このエリア特有の駐車場の広さに「一眠りできそうだ」と安堵のピットイン。

ただこのコンビニ、何か変なのだ。
お昼の12時だと言うのに駐車場はガラガラ。俺の車が1台停まっているだけだ。通常であればこの時間のコンビニには作業員を載せたバンとかトラックの休憩場になっているか、俺のような外まわりの営業マンがマヌケ面で居眠している場所になっているはず。

「このコンビニは何か臭いますな」

店に入ってみるとやはり客は俺一人。店員も一人、パートのおばさんが入って来た俺に「ビクッ!」とする。えっ!みたいな顔。この方、接客業にあるまじき思想の持ち主であるようだ。
そして妙に元気の無い声で「いらっしゃいませ。。。」とポツリ。その言い方、何か非常にこう、申し訳なさそうな感じがにじみ出ていて、はてな一体何の事だろうかと店内見渡して3秒。眼前に広がる驚愕の光景に俺は「なるほどね!」と心の中で叫んでいた。

それは店内に飾られている二台の大型バイク。まさかまさかの、ハーレーダビッドソンであった。レジの奥に結構なスペースがハーレーダビッドソン専用に確保されている。よく観るとハーレーだけでなくミニバイクも数台置いてある。なんかもうその置き方たるや、「どうやコレ!」みたいな感じでシャクなのでとっさに目をそらして気付かなかったふりをしてやった。
このコンビニ、目の前に小学校がある関係でか、○○小学校用上履き/体操着コーナーなるものが設置されているのだが、実はそここそがハーレーダビッドソンコーナーを兼務なさっており、ハーレーのまわりを上履きが取り囲むという妙な光景がそこには広がっていたわけである。なによこのコラボ。





さすがに店員の真横でハーレーの写真を撮るのははばかられ、店を出た後外側からケータイでパシャリ。非常にみづらいかとおもうが、後ろ向きに2台停まっているのが分かるだろうか。
俺はバイクにはあまり詳しく無いのだが、察するに右がハーレーで左がダビッドソンじゃないかなあ、なんかそんな感じする〜。
(昔は入り口が二カ所あったようだが、今はこうして完全にハーレーとダビッドソンの2台によって封鎖されている)

そんな具合で入り口にいきなり先制パンチを食らったのだが本来の目的はこんなオモシロコンビニを発見することではなくあくまで空腹を満たす事。午後イチで大事な商談が控えておりこんなところで緊張感無くへらへらしている場合ではない。
さっさと弁当買って駐車場で食って仮眠をとってガム食ってGo、と行きたいところ。
なのだが、探せど探せど弁当が無い。総菜パンは置いてあるのだが肝心の弁当が無いのである。
見当たらない弁当コーナー。それもそのはず。何とコンビニエンスストアにとって主力商品の一つであるはずのコンビニ弁当が和菓子コーナーなんていう店内の辺境地域に、しかも大変ミクロなスペースで設置されているだけなのである。
その日はたまたま顕微鏡を持っていたから分かったものだが、これは肉眼では到底発見できないレベルの小ささでまあ、また、大げさにいっちゃった。
んでもっと信じられないのがこの弁当コーナーにはたった一個の弁当が置いてあるだけだということ。たった一個ですよ。

手っ取り早く写真でお見せしよう。
これが「弁当・サンドウィッチコーナー」と書かれた一角の全景である。弁当が置かれていたのは今まさに何も置いていない黄色いエリア。この小さなスペースがこの店の「弁当コーナー」だというから驚きだ。昔何か悪い事した人の墓か!



ここには間違いなく弁当一個しか置くスペースは無い。そして当然のように弁当は一個だけしか置いて無く、思いっきり「牛丼」と書かれているにもかかわらず置いてあったのはまさかの



「いか天おかか弁当」

牛とイカは確かに尖った感じとか似てるしまあ、、おっと、良く無いぜ。
しかしまあ普段なら絶対に買わないこんな冴えない弁当なのだが一択とくれば話は違ってくる。これで390円。サンクスだったら満腹ノリ弁が堂々と買える価格である。渋々手に取りレジを目指す。
最初に見せた店員の申し訳なさそうなあの顔・・・・、この事だったのか!

それにしても大のコンビニが(大の大人が的な意味で使っております)弁当コーナーにイカ天おかか弁当一個とはこれイカに。ハーレー置くスペースはあっても弁当置くスペースはありませんと。結構、結構。これは全腹ぺこに対する挑戦状であろう。
なので会計時、半分は単純な疑問として、また半分は皮肉として「弁当は一個だけしか置かないのですか」と聞いてみた。

「ええと、基本的には。

基本とあっては口出しできない。てっきり何かを想定したコンビニの応用型、つまり特殊仕様なのかと思ったらこれがこのお店の基本だったわけだ。ふうんそう、と質問しておきながら然したる反応もせずに店を出る。
車の中で食べたいか天おかか弁当が以外と美味しかったのが無性に悔しかった。

食べ終わった弁当のゴミを捨てようと思ったらゴミ箱が無かった。ハーレー置く勇気はあるのにだ。


そして2時間後、商談を終えた俺は再びあのコンビニへ向かっていた。目的はあの弁当コーナーがその後どうなったのかを確認する為。
弁当が補充されているのかどうか、されていたら一体どういう弁当なのか、それを確認せねば都内へ戻れないと考えたからだ。

案の定であるが、弁当コーナーは当然のようにスッカラカンだった。あの後補充されたのをまた誰かが買ってこうなっているのかもしれないが、この店の有り様を見ていると「ずっと補充されないままだった」という可能性を考えたくなってしまった。
俺が店内に居たとき、また駐車場で休憩している間、客は僅か3名だけだった。どちらも弁当を買った形跡はなく、うち1人はトイレを借りに来たのだが、「ありません」と言われてそそくさと帰って行っただけの人だった。しょうがない、ここには上履きとハーレー以外何も無いのだ。

店員が先ほどのおばさんから経営者と思しき中年の男性に変わっていたので、お茶を買うついでにレジで聞いてみた。先ほど同様、半分は単純な疑問としてだが、残りの半分は正直茶化す意味合いもあった。

「あの、何でお店の中にハーレーがあるんですか」

一瞬驚いた表情をしたのち「ああ、はい」というと店員は「飾りですね。基本的には。

基本が飾り、じゃあ応用で運転してんのか。なんか逆じゃないのか。
とにかく変なコンビニだったのでまた行きたい。

| fabricio zukkini | 食べ物 | 21:04 | comments(9) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:04 | - | - | pookmark |
再調査,行ってこい!
もちろん,弁当持参で。
| ガハハ! | 2010/02/21 11:01 PM |
すげぇ〜!!

真昼の死角!トワイライトゾーン!(意味不明)

| やずからはたき | 2010/02/22 1:53 AM |
ハーレーについて、少々ご認識に誤りがあるようなので、僭越ながら講釈させていただきます。
現代ではハーレーダビットソンの語源は、清朝時代の中国の民間人、
晴陀備杜尊(はれだび とそん)が英語でなまったものとの説がもっとも有力です。
そのため、ハーレーとダビットソンがあたかも別人であるかのような誤解を招く記述はお控えください。

手元の文献によりますと、当時、昼夜往来を徘徊しながら、「ぶろぅおおおんぶろおおろろろろろ〜」
と唸っていた、いわゆる"可哀想な人"の杜尊の唸り声と、エンジン音が酷似していたことから、
創業者が故人を偲んでハーレーダビットソンと名づけたとのことです。

現代においても、ハーレーのエンジン音がマニアを魅了してやまないのは、
エンジニアの杜尊への思いが込められているからこそと言えるでしょう。
| Mr.変 | 2010/02/22 12:35 PM |
工業団地って加須とか栗橋あたりですか?熊谷?
| ますだ | 2010/02/23 10:27 PM |
>ガハハ
いや、買うよ現地で。俺が買わなきゃ余ってるから。

>やずからはたきさん
さよなら三角、またきて死角

>変さん
なるほど、同じ原理でトムとジェリーも勘違いしてたわあ・・・!

>ますだくん
いや、川越と川島の境目ぐらいですね。

| zukkini | 2010/02/24 11:40 PM |
やだなぁそれじゃ都会じゃないですか
| ヨシイ | 2010/02/25 2:24 PM |
埼玉は全部都会だと思っていた時期も確かにありました。
| zukkini | 2010/02/28 12:31 AM |
そんな変なコンビニ見た事ない!!昔トラックの運転の仕事をしており、兵庫県の辺境地に配達していた時があったのですが、弁当コーナーは充実していました。街灯もなく、ラジオの音さえ聞こえない辺境地だったんですけどね。
| しゅう | 2010/02/28 9:21 AM |
もはや食=娯楽、という原始的なものを感じます。
| zukkini | 2010/03/06 12:10 PM |
















・x・最近の記事
・x・コメント
・x・カテゴリー
・x・記事一覧
・x・リンク
・x・プロフィール