ぼくののうみそ-・x・

<< 衝撃!ベンジョンソン・ドーピング事件 | main | ベトコンラーメン >>
痔の手術歴アリと
今年の健康診断も昨年と同じ病院でやったのだが、受付の若い女性が出してきた俺の個人データみたいな紙には前回回答したのであろう既往歴が書かれておりそこには思いっきり「痔の手術あり」と書かれていてひどく狼狽した。
俺は痔の手術などしたことがない。

確か昨年この窓口のやり取りで、事前に提出する既往歴に軽い気持ちで「痔」チェックしたのを思い出したが、手術したとまでは言っていない。
痔になったのもちょっくらお尻が痛くなった程度で、にも関わらずそれをわざわざチェックしてしまったのは、履歴書の内容が寂しいと妙に心細い就職活動のときの反動なのかもしれず、まるで取得した資格を自慢するかのように俺はこんなにたくさん既往歴もってるぞと、些細な病歴も漏らさずチェックしたからに他ならなかった。
確か昨年この既往歴の項目に妙に関心を示す受付の若い嬢に矢鱈と事細かに尋ねられ、その際に「痔は治療済みですか?」と割と大きな声で尋ねられてとても興奮した次第だが、その時には確かに治りましたとは言ったものの、手術しましたとは一言も言っていないのであって、あの嬢は痔は手術でしか治らないと言う思い込みもあったのか俺のペーパーには無残にも痔の手術完了!と記載された様である。

そのような背景は良いとして、差し当たりこの痔の手術を否定し履歴から削除してもらわねばならないのだが、狼狽に任せて「おやぁ、ぼくは痔の手術なんてしてませんよ!」と上ずったおおきな声になってしまったものだから、先方も、また待合室にいる人々もギョッとして、しばらくの後クスクスという実に恥ずかしい類の笑いの気配を感じることになってしまった。

俺の突然の申し出に受付の女性は半笑いで謝りながら、すかさず重ねての「痔は治りましたか」という質問をボクにぶつけてきたのだが、「ええ、自然に治りました…」と消え入る様な声で答えると、二重線で「痔の手術あり」は消された。
手術より自然に治りましたの方がなんか格好悪い。

痔の手術なんてそんなに珍しくないのだから、大人しくしたことにしておけばよかった。
世の中、痔の手術もしたことがないのにしたことになっていた人の方が余計珍しいのだから。
| fabricio zukkini | 日記 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:00 | - | - | pookmark |









http://zukkini.jugem.jp/trackback/918







・x・最近の記事
・x・コメント
・x・カテゴリー
・x・記事一覧
・x・リンク
・x・プロフィール